BRIDEショールーム

BRIDEショールームでは、BRIDEシート全アイテムを展示!すべてのシートを、見て・座ってお試しいただけます。お得なアウトレット、装着フォトギャラリー、スタッフブログなど、随時更新!

スバル/インプレッサSTI/GRB+BNsport/GIAS2

2 月 13th, 2010 · No Comments


毎度!今夜は宴会のNIWAYAのガミさんです!

さて、今回は昨日取り付けさせて頂きました、
スバル/インプレッサSTI/GRB+BNsport/GIAS2+BRIDE/ROタイプ
取り付け風景をUPさせていただきま~す!

さて、まずは純正シートです(↓)

電動スライド、電動ハイトコントローラーが付いています。

純正シートを止めているボルトは
フロント、リア共に14mmの6角ボルトです。
フロント側

リア側

足元には車外品の補強バーが装着されていました。

シートを固定しているボルトを外したら、
シートの下にある、カプラーを外します。

右からサイドエアバック、シートベルトキャッチ、電動モーター系です。

純正シートが外れたフロアです。

このお車はサイドエアバックが装着されておりますので、
フロアに残っているカプラーに、
サイドエアバックキャンセラーを装着します。

このお車(殆どの国産車)は黄色いカプラーが
サイドエアバックのカプラーになりますので、
配線を覆っているビニールテープを剥がし、
サイドエアバックキャンセラーを取付けます。

付属のエレクトロタップで取付けると簡単ですが、
極稀に接触不良になるのもがありますので、
できれは膜を捲って、直接取り付けたほうが良いでしょう。
また、ハンダ付けされてもよいですが、
ハンダの盛りすぎは抵抗値が変わってしますので、ご注意を~☆

仮止めの状態で警告灯の消灯確認をします。


※消灯確認が出来ない場合は、接点不良が無いか確認します。
※最近の車は一度警告灯が点等してしまうとディーラーさん等で
 コンピューターのリセットが必要となりますので、ご注意ください。

消灯確認が出来たら絶縁テープで保護します。

カプラーの部分も念の為に行なっていた方が良いと思います。

取り外した純正シートから、
シートベルトキャッチを外します。

T50サイズのトルクスボルトで固定いされています。

あとは組んだシートとレールを車に取り付けて完成です!

交換した結果、ショルダー、コンソール共に干渉は無し、
純正シートの高さ調整最下部から、
ヒップポイントがおよそ40~50mm、
腿下でおよそ20~30mmダウンします。

また、スライド量は前方がおよそ40ミリ減少、
後方がおよそ10ミリ増加いたします。

ご利用頂きありがとうございました☆
http://www.bride-showroom.jp/gallery/gallery_link/subaru/grb_20100213_1/index.html

??????? 取り付け情報

0 ? – ?????????????

  • ??????????????????????????????????

You must log in to post a comment.