BRIDEショールーム

BRIDEショールームでは、BRIDEシート全アイテムを展示!すべてのシートを、見て・座ってお試しいただけます。お得なアウトレット、装着フォトギャラリー、スタッフブログなど、随時更新!

ホンダ/S660/JW5+BRIDE/GIAS2+LRタイプ

7 月 30th, 2019 · No Comments


毎度!最近はクワガタ飼育に夢中のNANIWAYAのガミさんです!

さて、本日は先日取り付けせていただきました、
ホンダ/S660/JW5+BRIDE/GIAS2 JAPAN+LRtype
取り付け風景をUPさせていただきま~す!

まずは純正シートです。

座った感じ、176cmの私で、上部フレームと頭のクリアランスは
指2本分しかなく、これではヘルメットは被れません。

このお車にはサイドエアバックが付いておりました。
サイドエアバックが付いている場合は
警告灯が点灯するのを防ぐ為、
作業前にバッテリーのマイナス端子を外し、
5分程、放電させましょう!

さて、純正シートを止めているのは前側は12mmの六角ボルトです。

スペースがなくて上手く撮れませんでしたw

後ろ2ヵ所は14mmの六角ナットです。

シートを固定しているボルトを外したら、シートを傾けて、
シートベルトキャッチ、サイドエアバックのカプラー外します。

カプラー外したら純正シートを車外に出します。

シートを外したフロアです。

続いてサイドエアバックキャンセラー
の取り付けに入ります。

国産車の場合、ほとんどが2本しか配線がありませんので
その配線にサイドエアバックキャンセラー
を取り付けます。

通常はエレクトロタップが付属しておりますので、
そちらを使用して頂いた方が簡単なのですが、
接触不良や、エレクトロタップ自体のサイズが大きいので
直接配線に取り付けていきます。

下の画像の様に線を「O」字の様にして、
その間にサイドエアバックキャンセラーの線を
下の画像の様に二股にして絡めるように取り付けます。

絡めた部分をハンダで固定します。。(画像は他車種です。)

消灯の確認をします。


消灯の確認ができたら、
仕上げに絶縁テープでしっかりと固定します。

カプラーの端子部分は万が一の事を考えて、
絶縁テープでカバーしてしまいます。

取り外した純正シートからシートベルトキャッチを外します。

ホンダ車の場合、固定ピンが有り、移設の際に干渉する場合は
切断する必要がありますが、今回の組み合わせの場合、
S字ステーの曲げ部分で上手く逃げてくれたので加工は必要ありませんでした。

GIAS、STRADIAシリーズをLRタイプに装着する場合は、
座面を外してS字ステーを取り付けます。

おそらく、今回のシートとシートレールの合体は、
私の過去の経験上一番難しかったと思います。
ボルトとナットの向きが上下逆さまか、
レールの作業用サービスホールの位置が、
ボルト直上ならば問題ないのですが・・・。


強度の確保の為か、微妙にずれているので、
工具が入らない、締めにくい、大変ですw
辛抱強くがんばるか、ショップさんに任せましょう!

後は組んだシート、シートレールを合体させたら完成です!

ちなみにヘッドレストとフレームまではこんな感じ。

ポジションダウン量は、純正シートの座面比で、
およそ30ミリダウン。

スライド量に関しましては前方がおよそ20ミリ減少。
後方へはおよそ30ミリ増加しましたが、
ポジションダウンと腿部がロークッションだったので、
176センチの私で一番後ろにしてちょうどという感じでした。
背の高い方ならスタンダードクッションをオススメいたします。

ご利用頂きありがとうございましたm(_ _)m

【ギャラリーはコチラ】
http://www.bride-showroom.jp/gallery/gallery_link/honda/jw5_20190718_1/index.html

カー商品&カー用品通販のナニワヤ!
バケットシート・フルバケット・セミバケ・シートレール・
車高調・電子パーツ・追加メーター・ハンドル・
自動車マフラー・ブレーキパッド通販のNANIWAYA!
カー商品&カー用品通販のナニワヤはこちら!!

??????? 取り付け情報